総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事


商品先物取引 | 株式投資 | FX取引 |インデックスファンド

商品先物取引の申込方法


商品先物取引の申込方法
インデックスファンド 商品先物取引

商品先物取引を行う為には、商品先物取引を取り扱っている会社に口座を持つ必要があります。
その為には、まず特定の会社に申込をして、口座を作る必要があります。基本的には他の金融取引と同じような形ですね。
申込は、電話、FAXなどで行いますが、現在の主流はインターネットです。オンライン申込で行うと、タイムロスも少なく、円滑な申込が可能となります。
申込を行うと、自分の元に約諾書などの必要書類が送られてきます。
主に、商品先物取引を行う為に、その取引を会社に対して委託するという旨の書類ですね。
委託と言っても、商品の選択や売買のタイミングなどを頼むわけではなく、自分が出した注文に対してその商品の売買を行い、手数料などの代金を仲介の報酬として取ってもいいですよ、という感じの内容です。
この書類に必要事項及び捺印を行い、返送用の封筒に入れて送り返し、しばらく経ったら、口座開設が可能となります。
基本的に、口座を作らなければ商品先物取引は出来ません。
商品先物オンライントレード「D-station」
口座開設するには、申込から早くても1週間、遅い場合は2週間以上かかる事もあります。最低限の審査も行われます。
審査と言っても、普通に生活している状態であれば全く問題はありません。
ここまでの流れは、基本的に他の金融取引と同じと考えて差し支えありません。一度でも株やFXの会社に申込を行った事がある方ならば、特に問題なく口座開設できるでしょう。
初めての場合は、捺印の仕方がまずかったり、記入に不備があったりしてやり直しを要求される事もあるかもしれません。
そうなるとかなり開設までに時間がかかるので、事前にできるだけ丁寧に記入・捺印を行いましょう。
商品先物ネット取引は「D-station」で!


posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 06:01 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のデメリット

商品先物オンライントレード「D-station」

商品先物取引のデメリット
インデックスファンド 商品先物取引

マンガ 商品先物 入門の入門 (ウィザードコミックス)

マンガ 商品先物 入門の入門 (ウィザードコミックス)

  • 作者: 羽根 英樹
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2004/05/28
  • メディア: 単行本


金融取引には、リスクは付きものです。100%利益が得られるのであれば、誰も苦労はしませんよね。
バブル崩壊前は実際、銀行に預けていれば100%何のリスクもなくお金が増えるという認識でいた方も多いでしょう。まさか銀行に倒産のリスクが訪れるとは夢にも思っていなかったはずです。
しかし、投資、金融取引というものには、絶対にこういったリスクがあるのです。
それは当然、商品先物取引にもあります。しかも、レバレッジによって多額の取引が可能という事は、跳ね返ってくる額も非常に大きいという事になります。
例えば、口座に数十万円しかないのに、数百万円の損失を被ってしまうリスクがあるのです。
当然そうなれば借金生活がスタートします。通常の取引であれば、元手がゼロになるリスクはあっても、マイナスになるリスクはありません。
この点は、商品先物取引の持つデメリットという事になるでしょう。
また、元本保証もありません。それが何を意味するかというと、投資した資金がゼロとなり、戻ってこない可能性があるという事です。
資金が価格変動により減少し、証拠金が不足した場合は、追加しなくてはならなくなるケースもあります。
こういったリスクもしっかり頭に入れた上で、商品先物取引は行う必要があります。特に、レバレッジのある取引は常にハイリスク・ハイリターンであるという事を頭に入れておかないと、取り返しのつかない事になりかねません。
最悪、口座にあるお金がなくなるだけ、と甘く考えていると、人生が狂う可能性だってあるのです。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:10 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のメリット(2)

こんなカード待っていた!世界で使える国際キャッシュカード

商品先物取引のメリット(2)
インデックスファンド 商品先物取引

一番売れてる株の雑誌ザイが作った 商品トレード超入門

一番売れてる株の雑誌ザイが作った 商品トレード超入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: 単行本


商品先物取引の場合、株の信用取引やFXとよく似たメリットがある一方、FXより有利な点もあります。
例えば、信用取引の場合、口座にあるお金よりも多くの金額を使った取引が可能ですが、その保証金に金利負担がかかります。
しかし、商品先物取引の場合は金利負担がありません。
負担が軽くて済むという事です。そして次は先物取引ではなく商品先物取引独自のメリットです。これは当然、取り扱う商品の性質がものをいうメリットですね。
商品先物取引では多くの商品を取り扱いますが、その中には非常に価格変動が大きなものが数多くあります。
その中でも特に動きやすいのは、ガソリン、灯油、アルミニウムといったところでしょうか。
特に、ガソリンと灯油は身をもって体験した方が多いでしょう。これだけ価格がダイナミックに変動するというのは、変動が激しいと言われている株式市場の銘柄においてもなかなかお目にかかれません。
そういう意味では、大きな博打を打ちたいという方には向いている商品と言えます。
価格変動が激しい商品があるという事は、それだけ短期間で大きな稼ぎが期待できるという事です。
長期の取引が苦手という方には、この商品先物取引は向いていると言えるでしょう。
また、短期が向いていないという方は、価格の変動が少ない商品を選べばそれでOKなので、自分にあった取引ができるだけのラインナップが揃っているという点が魅力と言えます。
非常にメリットが多い取引と言えるでしょう。
posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 05:36 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。