総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事


商品先物取引 | 株式投資 | FX取引 |インデックスファンド

商品先物取引の手数料は?

NPO先物取引被害相談センターご紹介
商品先物取引の手数料は?
インデックスファンド 商品先物取引
商品先物取引の場合でも、当然ですが取引の際には手数料がかかります。
その手数料というのも、会社選びには大きく影響を及ぼしてくるでしょう。
取引において、手数料というのは非常に重要です。
この手数料がどの程度引かれるかを考慮しておかないと、得したと思ったのに損をしてしまうという事もあります。
簡単に言えば、差益よりも手数料と税金の合計が高かった場合は、差益が出てもマイナスになります。
特に、デイトレ(ごく短期での取引)を頻繁に行うという投資スタイルをとる方は、手数料が特に必要となります。
というのも、大きな利益ではなく少しずつ積み重ねていく中で、その都度手数料が発生するからです。
では、そんな商品先物取引の手数料は会社によってどれくらい違うのでしょう。
まず、全体の相場としては、大体ひとつの取引で800〜1,000円ほどかかります。手数料は、商品購入時、売却時の両方に発生するので、調べる際は注意しましょう。
「片道」「往復」という表記がありますが、片道の場合は買い、売りのどちらかの注文のみの手数料なので、それを倍として考える必要があります。
往復の場合はそのままの金額で考えて大丈夫です。
今のところ、業界で最も安い手数料だと、往復で700円台でしょうか。
商品先物取引の場合、短期トレードを行う方も多いので、手数料はかなり重要です。
会社を選ぶ場合は、システムや経営の安定に注意しつつ、手数料もしっかり重視し、できるだけコストのかからないところを選びましょう。
posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:53 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。