総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事


商品先物取引 | 株式投資 | FX取引 |インデックスファンド

サヤ取りを覚えよう

インデックスファンド 商品先物取引
サヤ取りを覚えよう

商品先物取引には、「サヤ取り」と呼ばれるテクニックがあります。
これを覚えておくと、より高度な取引が可能となるでしょう。
商品先物取引を行う上では非常に有効な手段なので、是非覚えておいて下さい。
サヤ取りというのは、商品間、限月間、あるいは市場間などにおいて、同じ方向に値段が動くであろう2つの商品に対して取引を行い、同時に片方を買い、片方を売って、その価格差の拡大及び縮小を利用し、利益を得るというものです。
簡単に言えば、リスクヘッジの一種ですね。
保険をかけた取引の仕方と言えるでしょう。
例えば、大豆トウモロコシを同時に取引するとします。
この二つは性質上非常に似通っているので、同じような動きをする可能性が高いです。
この内の大豆を買いポジション、トウモロコシを売りポジションで確立させてみます。
商品先物取引は買いからも売りからも注文が出せるので、これが同時に可能となります。
この場合、実際の利益、損失に関してはどうなるかというと、基本的には双方の商品の価格差のみが影響してきます。
もし、大豆・トウモロコシの価格が上昇した場合は、買いから入った大豆は利益が出ます。
一方、売りから入ったトウモロコシは損失を出します。
よって、利益と損失のどちらが大きいかでトータルの利益及び損失が決まります。
価格が下降した場合はその逆になりますが、やはりトータルでは両銘柄の値動きの差で得したか損したかが決まります。
これには、二つの商品が同じ方向に動く事が絶対条件です。
どちらかの価格が上昇し、どちらかの価格が下降した場合は成り立ちません。
ただ、商品先物取引においては、同一の動きをする銘柄というのは既に確立しているので、この点の心配はいらないでしょう。
通常は値動きが激しい事でハイリスク・ハイリターンといわれる商品先物取引ですが、このサヤ取りの場合は、利益にしても損失にしても額がかなり抑えられます。
なお、なぜサヤ取りというのかというと、サヤ=価格差だからです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う


posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 22:00 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。