総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事


商品先物取引 | 株式投資 | FX取引 |インデックスファンド

商品先物取引の手数料は?

NPO先物取引被害相談センターご紹介
商品先物取引の手数料は?
インデックスファンド 商品先物取引
商品先物取引の場合でも、当然ですが取引の際には手数料がかかります。
その手数料というのも、会社選びには大きく影響を及ぼしてくるでしょう。
取引において、手数料というのは非常に重要です。
この手数料がどの程度引かれるかを考慮しておかないと、得したと思ったのに損をしてしまうという事もあります。
簡単に言えば、差益よりも手数料と税金の合計が高かった場合は、差益が出てもマイナスになります。
特に、デイトレ(ごく短期での取引)を頻繁に行うという投資スタイルをとる方は、手数料が特に必要となります。
というのも、大きな利益ではなく少しずつ積み重ねていく中で、その都度手数料が発生するからです。
では、そんな商品先物取引の手数料は会社によってどれくらい違うのでしょう。
まず、全体の相場としては、大体ひとつの取引で800〜1,000円ほどかかります。手数料は、商品購入時、売却時の両方に発生するので、調べる際は注意しましょう。
「片道」「往復」という表記がありますが、片道の場合は買い、売りのどちらかの注文のみの手数料なので、それを倍として考える必要があります。
往復の場合はそのままの金額で考えて大丈夫です。
今のところ、業界で最も安い手数料だと、往復で700円台でしょうか。
商品先物取引の場合、短期トレードを行う方も多いので、手数料はかなり重要です。
会社を選ぶ場合は、システムや経営の安定に注意しつつ、手数料もしっかり重視し、できるだけコストのかからないところを選びましょう。
posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:53 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引会社の選び方

『D-station』
商品先物取引会社の選び方
インデックスファンド 商品先物取引

最新版 商品先物取引 基礎知識&儲けの方法―インターネットでも手軽に売買できる! 商品先物取引を行っている会社は、まだFXや株の証券会社ほどは多くありません。その為、選択肢は自ずと限られていきます。
とはいえ、それでどの会社でも同じ、というわけではありません。
それぞれに特徴があり、良い所、悪い所があります。
では、実際にはどういった基準で商品先物取引会社を選べばいいのでしょう。
まず特徴として、商品先物取引会社というのは、まだ普及していない状況なので、システムが他の金融取引の証券会社ほど安定していない点が挙げられます。オンラインサービスにしても、あまり充実しているとはいえません。
よって、システムが出来るだけ安定しているところが好ましいですね。
例えば、サーバーが極端に弱いところは、少しでも注文が殺到するとすぐに繋がらなくなります。
これは金融取引としては致命的です。取引はタイミングが命で、それを逃すと大損してしまったり、せっかくの利益機会をなくしてしまったりする恐れがあるのです。
システムが安定しないと、このタイミングを掴み損ねる可能性が高いです。
株やFXの証券会社の場合は、まず手数料などのコスト面を重視する事になりますが、商品先物取引会社に関しては、システム、経営の安定が重要です。
システムは前述の通りですが、経営状態も非常に重要です。
というのも、まだ小さな会社が多いので、油断していると会社が倒産などという事もありえます。そうなると、口座に入れていたお金が全てなくなってしまう、ということにもなりかねません。
十分注意しましょう。
商品先物オンライントレード「D-station」
posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:11 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インデックスファンドと商品先物取引

インデックスファンド

インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。
運用はあくまでも自動的、機械的に行われます。
従って株式相場などが上昇すればインデックスファンドも値上がりし、相場が下落すれば値下がりします。
運用成績は相場の成り行き次第となっています。
申し込み単位は1万口以上1万口単位、あるいは1万円以上1円単位が主流で、買い付け時の手数料は基準化価額の2%程度、
分配金は配当等収益を中心として毎年1回支払われます。
インデックスファンド≫続きはこちら


商品先物取引「先物取引の歴史」

リーマンショック以降、アメリカがオバマ政権になり、GM破綻など、アメリカ経済の混乱している今日、今が一番、金融への注目が集まっている時期かもしれません。
そんな中、先物取引の一種である商品先物取引にも、かなり興味を持っている方が増えてきているようです。
とはいっても、まだ数ある金融取引の中では、マイナーな部類に入るかもしれませんね。
そんな商品先物取引に関して、簡単にですがご説明します。
商品先物取引は、農産物、鉱工業材料などを対象商品として取引を行い、その値動きによる差額によって利益を得るというものです。
商品先物取引≫続きはこちら
インデックスファンド≫続きを読む
posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 10:14 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の申込方法


商品先物取引の申込方法
インデックスファンド 商品先物取引

商品先物取引を行う為には、商品先物取引を取り扱っている会社に口座を持つ必要があります。
その為には、まず特定の会社に申込をして、口座を作る必要があります。基本的には他の金融取引と同じような形ですね。
申込は、電話、FAXなどで行いますが、現在の主流はインターネットです。オンライン申込で行うと、タイムロスも少なく、円滑な申込が可能となります。
申込を行うと、自分の元に約諾書などの必要書類が送られてきます。
主に、商品先物取引を行う為に、その取引を会社に対して委託するという旨の書類ですね。
委託と言っても、商品の選択や売買のタイミングなどを頼むわけではなく、自分が出した注文に対してその商品の売買を行い、手数料などの代金を仲介の報酬として取ってもいいですよ、という感じの内容です。
この書類に必要事項及び捺印を行い、返送用の封筒に入れて送り返し、しばらく経ったら、口座開設が可能となります。
基本的に、口座を作らなければ商品先物取引は出来ません。
商品先物オンライントレード「D-station」
口座開設するには、申込から早くても1週間、遅い場合は2週間以上かかる事もあります。最低限の審査も行われます。
審査と言っても、普通に生活している状態であれば全く問題はありません。
ここまでの流れは、基本的に他の金融取引と同じと考えて差し支えありません。一度でも株やFXの会社に申込を行った事がある方ならば、特に問題なく口座開設できるでしょう。
初めての場合は、捺印の仕方がまずかったり、記入に不備があったりしてやり直しを要求される事もあるかもしれません。
そうなるとかなり開設までに時間がかかるので、事前にできるだけ丁寧に記入・捺印を行いましょう。
商品先物ネット取引は「D-station」で!


posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 06:01 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。