総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事


商品先物取引 | 株式投資 | FX取引 |インデックスファンド

資産運用は慎重に

資産運用は慎重に
インデックスファンド 商品先物取引


お金に関する計画はみなさんどのような方法で行っているのでしょうか。
あまり難しいことは考えたくないのでコツコツと毎月の収支とにらめっこしながら貯金をしていくタイプなのか、それとも少しでも今のお金を増やしたいので資産運用を考えているというタイプでしょうか。
人がお金を管理する方法は様々だと思います。
資産運用も一見賭け事のようなイメージもありますから、そういったことにあまり興味がない方にとっては損やリスクを恐れて難しい資産運用の方法は考えず、定期預金などで金利は少ないけれど確実に増やしていくという方はたくさんいると思います。
逆に不況で給料アップやボーナス、退職金といった昔は当たり前のようにもらっていたお金が今はあてにできないのでまとまった貯金もできるかわからない、今後将来に向かって引かれる税金や保険などは増える一方という国の体制に不安を払拭できず、思い切って資産運用を始めるという方もたくさんいるはずです。
どちらが良いかは自分が決めることであります。
ですが共通していえるのはただ単純に取り組むのではなく、定期預金に徹するのであれば少しでも金利の高い金融機関に預けるほうが得ですし、資産運用を始めるのであればハイリスクハイリターンの方法をとるのか、ローリスクローリターンの方法をとるのか考えなくてはいけませんので、持っている資金にもよると思いますが確実にお金を増やせるようになっていないとあまり意味がないものになります。
ですので選択する際には慎重に選びましょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 06:17 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用のウォーミングアップ

資産運用のウォーミングアップ
インデックファンド 商品先物取引

インデックスファンドというのはご存知でしょうか?インデックスファンド</strong>というのは、資産運用の初心者にとってはお勧めとも言えるものです。
資産運用の中でも先ほど説明した投資信託がありましたよね。
投資信託には種類がたくさんあります。
種類がたくさんあるからこそ、初心者の方にとってはその中から自分に合った運用方法を探すのも一苦労。結局何が良いのかわからなくなってしまうということがあります。
今までもいくつか初心者の方にとってはリスク少ない運用方法がありましたが、このインデックスファンドも初心者向きですので、紹介したいと思います。
インデックスファンドとは、メリットとしては値動きがわかりやすいこと。
そして、投資信託には基準価格というのがあるのですが、基準価格というのは一口あたりの価格をいいます。
この基準価格がインデックスと同様の動きをするものをインデックスファンドというそうです。では、インデックスとは?と思いますよね。
インデックスと言うのは株式全体の相場などがわかる数字を言うようです。
簡単にいうと、株式の全体相場があがると、ファンドもあがるのです。
下がるときは自分が買ったファンドもさがります。こういった流れのために、インデックスファンドというのは初心者にもわかりやすい部分が多く、投資信託を始めるにあたってのウォーミングアップとしても始めることができるのがメリットと言えるでしょう。
投資信託をお考えの方はインデックスファンドもいいのではないでしょうか。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 09:32 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引

インデックスファンド 商品先物取引 オンライントレード
商品先物取引

原油価格の上昇により注目を集めているのが商品先物取引です。
オンライントレードが普及したため、商品先物取引を楽しむ個人投資家が増加しています。
その結果、オンライントレードで個人向けサービスを提供する証券会社も段々増えてきています。
ただしサービスは会社によってかなり異なるので、きちんとチェックすることが大切です。

そもそも商品先物取引とはどのような取引になるのでしょうか。
一定期日に決済をすることを約束した取引を言います。
この取引では保証金で数十倍の価値のある商品を売買することができるのが特徴です。
10万円で100万円を超える売買も可能です。
買い注文だけではなく売り注文もできるのが魅力です。
商品先物取引は取引商品を受け渡す期日が決まっています。
そのためその期限が来る前に売買をおこなって決済する必要があるので注意しましょう。
実際に商品先物取引のできる会社もあまり知られていないところが多いです。
この取引で一番人気のある会社はフジフューチャーズです。
3年連続、オンライントレードで口座数がトップになっています。
初心者にお勧めの会社で、携帯電話でも取引が可能です。
そして先物取引専門のイーコモディティもお勧めです。
全てがリアルタイムで自動更新されます。またアドバイザーと相談をしながら取引ができるというメリットもあります。
初心者から上級者まで満足のいくサービスです。

他にもドットコモディティや日本ユニコム・岡藤商事があります。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:11 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資のメリット

インデックスファンド 株式投資 オンライントレード
株式投資のメリット

オンライントレードが普及し、株式投資を行う人が増えてきています。
店舗型の証券会社でも株式投資を行うことはできましたが、仕事がある人にとっては株取引をすることができませんでした。
オンライントレードができる前は株式投資ができなかったのが現状です。
しかし今ではPCや携帯でオンライントレードが楽しめ、株式投資がとても身近になっています。
お小遣い稼ぎの手段として株式投資をする人も少なくありません。
株式投資のメリットはいくつかあります。
まずはキャピタルゲインです。
キャピタルゲインとは保有している株の値段が変動することで得られる収益の事をいいます。
株価が上がる値上がり益とも言い、一番実感しやすい収益になります。

次にインカムゲインです。
キャピタルゲインとは異なり、会社が得た利益を株主に還元する配当金を指します。
株式投資ではこのインカムゲインも大切な収益になります。
最近ではキャピタルゲインばかりが重要視されますが、インカムゲインは利息や配当金という保有し続けるだけで現金収入を得ることができます。
キャピタルゲインだけを重視して売買を繰り返すのではなく、インカムゲインで確実に収益を得るというのもいいでしょう。
他にメリットとしてあげられるのは株式分割や株主優待があげられます。
自社製品や優待券がもらえる株主優待は人気があります。
売買を繰り返せばリスクが伴いますが、株の保有だけであれば株主優待を受けられるなどリスクはほとんどありません。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 20:58 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券会社のサービス(2)

インデックスファンド 商品先物取引 オンライントレード
証券会社のサービス(2)

オンライントレードをしたいと思った時に証券会社を選ぶ基準は人それぞれです。
もちろんオンライントレードをする際に必要になる手数料は安い方がいいでしょう。
さらに取引商品などもチェックしてから、証券会社を決めることをお勧めします。
またオンライントレードに必要なツールを提供することで他社との差別化を図る証券会社も少なくありません。
投資環境を快適にするツールを提供しています。証券会社の中にはMacに対応したツールを用意している所もあります。
パソコンの環境が違っても同じようにサービスを提供してくれるのです。
中には有料ツールであったものを期間限定で、無料で利用できます。

株の取引に必要なサービスがメインですが、それ以外にも独自のサービスを各証券会社が提供しています。
中でも多いのが現金のキャッシュバックや現金プレゼントです。
キャッシュバックで言えば、通常株取引にかかる手数料を半額や全額負担している場合が多いです。
期間限定とは言え、少しでも安く済むのはうれしいですね。
現金プレゼントの場合は一定の期間に口座を開設して入金すればお金がもらえるというものです。
さらには友達を紹介すれば、ポイントや現金プレゼントというサービスを提供している会社もあります。

証券会社ごとにお勧めの商品に対するキャッシュバックや手数料無料などのサービスを行っていることが多いです。
似たような条件で証券会社を迷っているのであれば、どのようなサービスが受けられるかで決めるのもいいと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 12:42 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心者の証券会社選び

インデックスファンド 商品先物取引 オンライントレード
初心者の証券会社選び

オンライントレードで手軽に株取引ができるようになり、新しく株投資を始めるという人も少なくありません。
最初は何をどうしたらいいのか分からないと思います。
もちろん株についての知識を身につけることも必要です。
証券会社を決めた後でも、各証券会社で初心者向けの講座を開いていることもあります。
オンライントレードを始めるにはまずは証券会社選びが大切です。
数多く存在する会社から一つに絞るには自分にあった商品を探す必要があります。
各会社によって取り扱っているものも違うからです。
手数料が安い方が、初心者にとっては抵抗が少ないと思うのでお勧めです。
商品によって手数料が異なるため、どこの会社が一番安いとは一概にはいえません。
初心者であれば、リスクの低いミニ株がある会社もお勧めです。
株の購入数が通常よりも少ないため、たとえ失敗しても損失が少なく抑えられます。
株の練習もできるメリットがあります。
ただしミニ株は取り扱っている証券会社にも限られているので、最初に確認が必要になります。

証券会社もたくさんありますが、株取引が初心者の場合は大手の証券会社を選ぶのがいいでしょう。
商品も幅広く取り揃えており、途中から違う株取引をすることもできます。
大手の証券会社でも取り扱いの商品は様々であるため、興味のある商品が揃っている会社を見つけましょう。
オンライントレードを初めてから、株に慣れるまでのサポート体制を取っている会社もあります。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 09:19 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用途地域

インデックスファンド 商品先物取引 不動産投資
用途地域

現物の不動産投資で知っておかなければならない用語の1つに用途地域があります。
市街化区域に定めることになっている用途地域は12種類あり、それぞれの用途地域で建築できる・できない建物などの用途制限が定められています。
住居系の用途地域
1.第一種低層住居専用地域
原則、高さ10m、または12m以下の住居などの低層住宅に関係する良好な住居環境を定めている、低層住宅専用地域です。
2.第二種低層住居専用地域
150m2までの一定の店舗など小規模な店舗の立地を認める低層住宅専用地域です。
3.第一種中高層住居専用地域
500m2までの一定の病院、大学などの施設の立地を認めている中高層住宅専用地域。
4.第二種中高層住居専用地域
1,500m2までの一定規模の店舗や事務所などの立地を認めている中高層住宅専用地域。
5.第一種住居地域
3,000m2までのホテルや店舗などの立地を認めている、住宅地のための地域。
6.第二種住居地域
主に住宅地のための地域で、ホテルやパチンコ店などの立地が認められています。
7.準住居地域
自動車関連施設などと住宅が調和して立地する地域。
200m2未満の劇場や映画館も建てられます。

商業系の用途地域
8.近隣商業地域
住宅や店舗、150m2以下の小規模の工場などが立地する地域。
9.商業地域
デパートなど商業施設や映画館など、主として商業などの利便性を促進する地域。
工業系の用途地域
10.準工業地域
主として環境悪化のおそれが少ない工場の利便性増進のために定める地域。
11.工業地域
工場の利便性増進のために定める地域。
住宅や店舗の立地は認められているが、学校やホテルの建設は認められていません。
12.工業専用地域
石油コンビナートなど工場の利便性増進のために定める地域で、居住用の住宅は建てられません。
これら用途地域は市街化区域だけでなく、準都市計画区域でも定めることができます。
不動産投資を行う際には、どの用途地域であり、どのような建物が建てられるのかを事前に充分調査しておきましょう。


インデックスファンド インデックスファンドの選ぶ際の注意点インデックスファンド TOPIXニューインデックス・東証規模別株価指数インデックスファンド TOPIX Core 30(トピックスコア30)インデックスファンド 東証業種別株価指数、TOPIX-17シリーズインデックスファンド ブル・ベアファンドインデックスファンド 東京証券取引所の市場別の指数

posted by インデックスファンド 商品先物取引 記録の細道 at 15:37 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。